三宅島では、2000年(平成12年)の噴火後に、それまで見られなかったユノミネシダが見られるようになった。火山ガスに比較的耐性があるためと考えられている。